相続に伴う不動産名義変更

相続に伴う不動産名義変更には、いくつか種類がある。法定相続に遺言書によるもの、それに遺族分割協議によるものなどがある。トラブルに陥りがちなのは、遺族分割協議による名義変更だと言われている。

不動産名義を知っておこう!

相続に伴う不動産名義変更

不動産の名義変更で一番にイメージするのは、やはり「相続」による名義変更ではないでしょうか。

さらに一般的に思い浮かぶのは、遺産を相続する際の名義変更でしょう。

しかし、一言で遺産相続による名義変更と言っても、さまざまです。

まず、法定相続による不動産名義変更です。

これは、一番シンプルでわかりやすい相続かもしれません。

遺族が相続できるパーセンテージは、法律が決めます。

この場合、不動産は遺族の共有名義となります。

相続人が複数ではなく一人しかいない場合も、やはり法廷相続になるようです。

また故人が遺言書を遺していた場合は、その遺言書に従わなければなりません。

遺言書は非常に大きな発言力を持ちますので、生前に作成しておく場合はきちんと作っておきましょう。

そして、トラブルが発生しやすいと言われているのが、遺産分割協議によるものです。

これは呼んで字のごとく、遺族で話し合って誰がどれだけのものを相続するかを決めるものです。

当事者同士が協議して決めるのですから、とにかく一筋縄ではいかないと思って間違いないかと思われます。

故人との関係性や交流の頻度、果ては本人達にしかわからないこだわりによってその取り分の大きさは変わってくると言います。

最悪のケースにまでこじれないよう、冷静に協議することが大事です。