生前贈与に伴う不動産名義変更

不動産を生前贈与した場合にも、不動産名義変更が必要になる。生前贈与のメリットは、家族間でのトラブル回避である。ただし、高額の贈与税がかかるというデメリットもある。

不動産名義を知っておこう!

生前贈与に伴う不動産名義変更

不動産名義変更をしなければいけない事項の一つに、贈与に伴う変更があります。

イメージしやすいのは、家族間での生前贈与でしょうか。

生前贈与はメリットがいくつかありますが、最大の利点はトラブル回避です。

所有者が亡くなってからの相続は、とにかくトラブルが多発しがちです。

遺言書がある場合はかなりスムーズに進むようですが、それでも遺恨を遺す結果になりかねません。

ですから、まだ所有者が存命のうちに色々と決めておくというのは、家族の将来的な平和のためにも決して悪い選択肢ではありません。

もちろんデメリットもあります。

生前贈与は、税金が比較的高額だという点です。

亡くなってからの相続にかかる相続税よりも、生前贈与にかかる贈与税のほうが割高な場合がほとんどだといいます。

実は、これには理由があります。

相続税を払いたくないという人が全員生前贈与をしてしまうと、税収が激減してしまいます。

それを避けるために贈与税が高額になっているのだといいます。

しかしこの贈与税がネックになり、生前贈与を敬遠する人も多いかもしれません。

しかし、そんな場合にも道はあります。

相続時精算課税制度と言われる制度です。

これは生前贈与をした場合には税金が軽減されるという制度です。

条件次第では、ずいぶんとお得になるようです。