売買に伴う不動産名義変更

中古の住宅やマンションなど不動産を売買したとき、名義変更が必要となる場合があります。

これには売り主の名義から買い主の名義へと変更するには「所有権移転登記」を避けて通るわけにはいきません。

これはその名のとおり、その不動産の所有者が変わったことを証明するための登記です。

そのため、売り主と買い主が共同で申請しなければなりません。

どちらか一方だけの申請を受託してしまっては、のちのちトラブルに発展してしまう危険性があるかもしれないからです。

所有権移転登記には、たくさんの書類を集める必要があります。

まず、その不動産の契約書とその写しです、写しは原本証明をしたものです。

次に印鑑証明書と委任状、そして住民票も必要となります。

権利書が存在するなら、その権利書も用意しなければなりません。

そして固定資産税評価証明書です。

また当該の不動産が抵当に入っている場合は、さらに別の申請も必要となってきます。

もちろんすべての手続きを自分で行なうことも可能です。

しかし、ずいぶんと時間と労力が必要になってきます。

ですから、専門家に任せるというのも一つのチョイスとも言えます。

費用は少しかかるかもしれませんが、司法書士に依頼してみてはいかがでしょうか。