不動産名義変更をするとき

不動産の名義変更をするのは、相続や財産贈与、財産分与、不動産売買などのケースで必要になる。不動産名義変更はトラブルに発展することもあるので、信頼できる司法書士に相談するべきである。

不動産名義を知っておこう!

不動産名義変更をするとき

周知のとおり、不動産は財産の一つです。

しかも、大変大きな財産です。

それだけにないがしろにしていると後々とんでもないトラブルに発展しかねません。

不動産に関するトラブルには、名義変更に関することも含まれます。

不動産の名義変更は、簡単に説明してしまえば持ち主が変わった場合の手続きです。

持ち主が変わるのはどんなケースはさまざまです。

前の持ち主が亡くなって親族が相続する場合がよくイメージされますが、それだけではありません。

生前であっても財産を贈与する場合や財産分与などの場合も名義変更が必要です。

それ以外でも不動産売買が行われた場合、さらには離婚に伴う不動産のやり取りでもやはり必要な手続きです。

第三者との売買のケースはともかく、近親者同士での不動産のやりとりは実は非常にセンシティブなものです。

葬儀の席で遺族同士が財産である不動産の取り合いの末に取っ組み合い、なんてトラブルもテレビドラマの中だけのことではないのです。

そんなときに「誰にも頼れない」という状況に陥ってしまっては、問題は解決するどころか最悪のケースへと進みかねません。

まずやるべきことは、専門家に相談することです。

不動産名義変更は、司法書士の管轄分野です。

信頼できる不動産名義変更手続センターにアドバイスをもらいながら、円満に解決しましょう。